スタミュ 第2期 第11話

スタミュ 第2期 第11幕  感想

こんな場面で終わるのかー!奈落が登場した瞬間にみんな悪い予感におそわれたはず。予想通りのトラブルといえばいいのか、1期に続き、やはり何も起きずには終わってくれない。番宣はチーム柊集合~。今日も元気いっぱい戌峰くん。辰己も出てくれて安心。悠太、憧れの高校生とついに同じ舞台に立つ時がやってきた。あの光景が最後に今の鳳先輩の姿に変わるのが凄くいい。朝から悠太。戌峰との掛け合いが楽しすぎる。醤油かけすぎw 本番まであと5日。衣装や小物の準備も着々と進んでいる。転びそうになった蜂矢を掴んだ手、誰かと思ったら双葉!この場面での登場は嬉しかった。差し入れがくさやだ~。魚住と早乙女も見に来てくれた。海斗の言葉に魚住が返した三つの言葉がとても魚住らしい言い方で凄く良かった。後輩に対する愛情を感じる。海斗の子供っぽい表情もかわいい。魚住は最初に稽古場に登場した時にも一つ、二つって言ってたな。今となっては懐かしく、最初の出会いを思い起こさせる構成もいい。スタミュはホントいい先輩たちが揃っている。

稽古は最終段階。アンシエントが見守るなか舞台を使ってのリハーサル。アンシエントの記念公演もどんな感じだったのか興味が湧く。遥斗さん以外は誰がどの役だったのか想像するのも楽しい。ランバート悠太とルーカス楪先輩の場面、緊張感があってミュージカルの内容が気になる。楪先輩、演じている時はやっぱり凄い迫力。奈落落ちの空を飛んでいるような滞空時間の長さ凄い。動きキレイだな。ここで揚羽が助け起こすのもあとの展開を示唆してるのか。奈落落ちは稽古では問題なく終わった。このミュージカル、本当に全編通してどんなストーリーなのか知りたいし観てみたい。

悠太を見つめる空閑の視線が優しくて、子供の成長を喜ぶお父さんのよう。空閑のバイト最後の日。いっぱいの薔薇の花束に埋もれている感じでちょっとかわいい。こんな大量の薔薇を贈るなんて凄いバイト先だ。同じような境遇として気にかけていた、と悠太への思いを語る空閑。空閑からも思い出の品を渡された。子供の頃に憧れて観たミュージカルのDVD。これでチーム全員の宝物が揃った。いよいよ本番、当日の朝。空閑の力強い言葉に悠太も奮起。ここから歌う流れがステキすぎる。これもいい曲だな~。海斗センターも新鮮。みんなの笑顔キラキラしてて眩しい。「オレたち、スターダスト!!」。歩き出す足のカットとても好き。アイキャッチもチーム鳳もチーム柊も両方ともかわいくてカッコイイ。

当日の会場ロビー。個人的に鳳先輩に花送っている魚住がツボ。那雪シスターズも見に来てる。楽屋でみんなからの宝物を前にして緊張した面持ちの悠太。そこに鳳先輩が。何か言いたげな真剣な表情。そして開幕のベルが鳴る。出演者のみんなが並んで立っている場面がいい。影役の海斗と辰己だけいないとか細かい。大丈夫と言うようにそっと微笑んで頷く鳳先輩がステキ。幕が上がる。袖に戻って来て暁が悠太に声をかけるところも良かった。先輩として綾薙学園卒業生としての誇りを感じる。舞台裏でのみんなの仕草や動きがリアル。珍しく緊張している空閑、虎石と北原とのやりとりが楽しい。蜂矢くんはドジっ子とは思えないまさかの舞台進行係? 今までライバルとして競ってきた仲間たちが裏方として忙しくサポートに徹している。見守る姿に素直な心情が溢れていて心打たれるものがある。最初の見せ場、アレクシスの影の「沈黙のディアローグ」。辰己バージョンが見れてとても嬉しかった。ちゃんと辰己の表現になっている。これで短い場面も合わせて4人の声優さんたちが歌ったことになる。それぞれの歌声に個性が感じられてみんなステキでした。袖で見つめる揚羽。「違う。僕が連れて行くはずだった」。蜂矢との会話にぎゅっときた。卯川の元には那雪が。謎茶きた~。緊張がとけて良かった。休憩終わって第二幕がスタート。天花寺のハーディー。さすがの堂々とした華やかさ。

舞台装置が奈落用のマットに倒れた!トラブル発生に高まる緊張感。舞台は続いている。みんなで急いでマットの上を片付けて、間に合った?!と思った。のだけれど・・・光る物を見つけてマットの上にあがる揚羽。釘だった。それを手にしたところで舞台上から悠太が!ここでEDーー!!もうこのまま終わりで次回だと思ったらCパートがあった。揚羽は無事だったけれど悠太は倒れたまま。これは・・・。次回予告も様子がわかるような映像はほとんどないかと思っていたら普通にあった。見る限り悠太が無事なのはわかるけれどみんなの深刻な表情がすごく気になる・・・。舞台はどうなったのか、成功したのか、それとも・・・。鳳先輩と悠太の会話、鳳先輩の「ボーイ」が久しぶりに聴けた気がする。EDカードは空閑と虎石。二人ともカッコイイ!海斗のお医者さんに続き職業シリーズなのかな。あ~もうこれで次回が最終回とかホント信じられない。どうゆう形で終わるのか凄く気になる。まだまだ見たい場面もたくさんあるのに。あと1話しかないなんて・・・。すでに寂しくなってますが、最後の1話、心して観たいと思います。


          
関連記事