スタミュ 第2期 第3話

スタミュ 第2期 第3幕  感想

番宣の揚羽と蜂矢が面白かった。配役ごとのチームに分かれてアンシエントから稽古を受ける生徒たち。4月から7月ということは卒業記念公演は8月の設定かな。悠太だけは魚住から特別に演技の特訓、というかお説教。悠太と中学の同級生チーム、このメンバーも良い。辰己の出番多いな。いつも隣にいる栄吾も。辰己、栄吾、那雪と一緒に綾薙学園中等部の部活発表会へやって来た悠太。辰己が演じたお姫様役の回想シーンあるかと思ったのに、無いなんて。少しでも観たかった。栄吾が騎士役だったからナイトなのかと思ったら違った。那雪のエプロン姿かわいい。その頃、空閑がバイトしている店には虎石と北原、南條が。この三人も良い。どこか雰囲気が似ているけどそれぞれに個性があって上手いキャラの配置だな~と思う。虎石の呼びかけに子猫ちゃんが返事してないけど大丈夫か?と思ったら次の場面ではもう仲良くなってた。北原と南條、スカしてる感じが二人ともカッコイイ。そこに緑汁持ってくる空閑くんナイス。空閑はギャルソン姿カッコイイ。飲んだ瞬間の北原の表情に笑う。

演劇部を探す悠太は揚羽に遭遇。テニス部で立ち止まった場面でピンと来た。これは遥斗さんが入ってた部活か?次はバスケ部、その次は陸上部、そして書道部。やっぱり、プリンス遥斗の聖地巡りだった。悠太、それ以上ツッコむなヤバい!という空気で蜂矢と那雪シスターズが登場してホッとした。アイキャッチ、ワイングラスがあるから双葉だよね?かわい~!シスターズもかわいい。魚住の帽子とコート姿も笑える。二人にいつも遊ばれてる感じが楽しい。悠太が代役を頼まれる場面、みんなでドッキリ仕掛けてるのかと思った。代役として急きょ、演劇部の舞台にたつことになった悠太。「君は太陽だ」。辰己は悠太を高く評価してる。男子生徒がごく普通にお嬢様を演じていて、これは演劇部の伝統なのか。悠太が舞台に出た瞬間、ハッとする魚住と揚羽。ひつじ見習い?悠太の歌、動物たちがキュート。辰己たちが1年の時に代役をお願いして飛び入り参加した人って・・・やっぱり鳳先輩か!そしてやっぱり女装しているので演劇部の伝統なんだな。

部屋に集まってみんなで話している場面で那雪から写真を見せられ、ついに憧れの高校生の正体に悠太が気付くのかと思ったら・・・天花寺がいいタイミングで登場。今週も「やぼすけ」無事に聴けて安心した。天花寺翔様グッズw 5人の仲良しっぷりが微笑ましい。そして早乙女のマンションでは今日もアンシエント三人が集まってご当地グルメを楽しむ会。こちらも楽しそう。ご当地名物というかすでに珍味に挑戦するコーナーみたいになってるw 遥斗さんから魚住に国際電話が!遥斗さん今週もイケメンだった。「そろそろ俺の声が聴きたくなる頃じゃないかと思って」。この台詞好き。即座に切る魚住に笑ってしまう。二人の会話いいなぁ。裏ミッションてもしかして配役のオーディションに関することじゃないかって気がしてきた。「稽古は順調?」とか「帰ったほうがいい?」のさり気ない口調も好き。あっさり会話を終わらせる演出も良いです。

ランニングしてたらしい悠太が戻ってくると門の前に揚羽が。「実力に見合わない夢なら諦めたほうがいい」とバッサリ。「僕の世界に入ってこようとしないで」。キツい拒絶の言葉も。悠太は揚羽と仲良くなれるのか。道のりは長そう。次回は天花寺翔様のエピソードかな。予告、今週も遥斗さんでちょっと驚いた。出番多いね。予告でも双葉かわいい。気付くとアンシエント4人に注目して観てしまう。2期楽しいな~。

スタミュ 第2期  公式サイト


          
関連記事