刀剣乱舞-花丸- 第9話

刀剣乱舞-花丸- 第9話 長月  感想

ナレは岩融。アバンの最後、清光と安定の稽古を長谷部と光忠がそれぞれ見てあげているようなところいいなぁ。岩融、まつ毛長い。ちょっとビックリした。髪型もこんな感じになっているんだ。ゲーム絵の印象とけっこう違う気がする。いなりずしを作る鳴狐。今回もいい仕事してる。いつものように縁側でお茶を飲む三日月様の隣に当然のようにたたずんでいる小狐丸。小狐丸が来てくれるの待ってました!イケボにうっとりする。話す言葉は敬語で優美。でも筋肉すごいワイルド狐。まつ毛も予想外に長いよ。三日月、すっかり短刀たちから大事なおじいさん扱い。獅子王のダジャレを聞いたあとの二人の表情が良かった。わさびを効かせたいなりずし、じじ様も鳴狐もかわいい。鶴さんはあのサングラスすっかりお気に入り。縁側で無心に虎をなでている大倶利伽羅が超かわいかった。鶴さんに相談した結果、獅子王が超刀剣男子になる計画スタート。蜂須賀と清光と乱が協力することに。

みんなから洋服や小物を集めてまわる蜂須賀。乱ちゃん200年前の言葉に詳しすぎる。清光の三日月ネイルアートが素晴らしい出来栄えで、あれグッズで売ってるかな、欲しいな、と思ってしまった。縁側でくつろぐ刀装たちとこんのすけかわいい。みんなの棒読み演技かわいい。まじるんるん小狐丸、じゃなかった、なんだっけ。超刀剣男子になった獅子王。みんなから借りた物をちゃんと全部身に着けてる。画面の後ろのほうに出てきて両手上げて縁側から落ちる山姥切に思わず笑った。「うつし気にしない」でUKか。ししとう呼びかわいい。じじ様最初から気付いてたのかな。なんかとても和やかな笑い声で終わった。

山姥切はUK気にいったらしい。出陣を伝えるのが長谷部じゃなくて堀川くんだ。次の出陣先は阿津賀志山。長谷部は安定に助言する役だった。主はたぶん回想を回収したいのだと・・・。国広兄弟も良いですね。阿津賀志山に到着。まず遠戦から攻撃されるのはゲームそのまま。ゲームの戦闘で刀剣たちはこんな感じに動いているんだなぁ。岩融と今剣の回想がアニメで。歴史を変えたら時間遡行軍と同じになってしまう。その危うさがまた刀剣男子たちの魅力でもある。今剣を助ける山姥切がカッコ良かった。山姥切の変身シーンのようなカットからの真剣必殺!山伏も真剣必殺!BLEACHでいえば卍解のイメージだな、と思ったり。今剣ちゃんの涙・・・。無事に帰ってきたみんな、山姥切の話しで盛り上がる。テレる山姥切。そこに通りかかったししとう、じゃない獅子王。神出鬼没な三日月様。指のポーズかわいかった。EDは岩融と今剣。岩融も今剣もまだゲームで真剣必殺みてないよ; EDカードのUKも良かった。次回も誰かの真剣必殺が見られるだろうか。


          
関連記事