ユーリ!!! on ICE 第8話

ユーリ!!! on ICE 第8話  感想

あっという間にもう8話!早い。ロシア大会が始まる。ユーリのファンがみんな猫ミミ、猫グッズ。ユーリは猫のイメージで親しまれているのか。いつもの勇利ではなく「俺の名前はユーリ・プリセツキー」で始まったのも面白かった。おじいさんに懐いているユーリがかわいい。おじいさんにだけ子供の素顔を見せている感じ。記者団に囲まれるヴィクトル。「自分も選手として戦ってみたいと思いませんか?」。この質問グッジョブすぎる。ヴィクトルがごまかしたのもその気持ちがあるみたいで気になるな~。中国大会はピチットくんたちがいて楽しい雰囲気だったけどロシア大会は孤独な勇利。エレベーター開いたらミケーレが早速エミル相手にシスコン発動してた。ミケーレとサーラが兄妹というより恋人同士みたい。スンギルの早すぎる「NO」が笑える。一人そっとエレベーターに乗ろうとする勇利。そこにユーリが、またも足から来た。相変わらずな勇利とユーリ。ランキング表とかちゃんと出してくれて有難い。一時停止で点数と順位を凝視して誰がGPファイナルに出ることになるのか真剣に考えてしまった。あ~ピチットくんもどうなるんだろう;

ロシア大会も初登場のキャラがたくさん。第一滑走はスンギル。滑りながら機械的な冷静さで点数計算。CVがのじけんさんでシベリアンハスキーとか思わず某キャラを連想。次はエミル。気さくに話しかけてくるJJにヴィクトルは意外な冷たい対応。エミル、滑走シーンなく終わったー。次はミケーレ。騎士道の滑りをみせる相手は審査員でも観客でもなく妹・・・。想像よりも強烈なシスコンお兄さんだった。しかも外国人なのに一人称が「わし」で方言って、何でこうなったw笑わずにいられない。でもサーラかわいいな。次は勇利だ。靴紐結んであげるヴィクトルが良い。リンクに出ていく前のヴィクトルとのやりとりは二人だけの世界って感じで、もうすっかり大事な見せ場になってる。滑り始めのキメ顔が今回はいきなりキスで、最初っから飛ばしてるな~と思った。勇利はいつもヴィクトルと一緒にいられるのはこれが最後かもしれないと思ってる。「この世界を変えられるのは僕だけだ」。力強い、折れない想い。以前よりも明らかにスピードが増していて音楽とのシンクロ率も高くなっている。緊迫感と高揚が伝わってくる素晴らしい演技。同じ体の動きでも以前とは違うのを視聴者にわかるように描き分けているのが本当に凄い。滑り終わったあとのリンクにおにぎりとかスシとかエビフライのぬいぐるみが投げ込まれているのも面白い。

おじいさんが会場に来ないことで気持ちが入りきらないユーリ。人形のような美しさを見た勇利とヴィクトルが驚いただけでなくキラキラしている。激しく緊張しているユーリ。一方、勇利の得点はまたもパーソナルベスト更新。勇利の靴にキスするヴィクトル。ユーリに怒りの燃料がそそがれた!そのまま演技が始まってしまう。ユーリの心の声、もっと聞いていたかった。感情の起伏が激しくて、まだ子供らしい部分とか気分にムラがあるところとか、こちらのユーリからも眼が離せない。ミスはあったけど冷静に立て直して滑りきった。さすが。今回の滑りがほぼ以前と同じだったことを考えるとフリーでは凄い滑りを見せてくれるかも、という期待がふくらむ。投げられた猫耳がすぽっとはまるところかわいかった。ユーリもJJキライなんだね~。

最後はJJ。こんなキャラだったんだww心の声が面白すぎる、そして濃すぎる。またクリスに続き凄いキャラきた。宮野さん楽しそうだな~。もういろいろ笑うしかない。今回登場した選手たちもみんなそれぞれに個性的で面白かった。短い時間でもキャラの個性をしっかり伝えて魅せる作りは本当に上手いなぁと思う。最後がまさかのマッカチンでビックリ!こんな展開誰が予想しただろう。出発前にヴィクトルが言っていた「おまんじゅう盗み食いしたらダメだからね」が重要な伏線だったなんて。マッカチン大丈夫か。勇利の過去と重なる大事件。ヴィクトルにすぐ日本に帰るように言い、フリーは一人で戦うと宣言する勇利。ヴィクトルが「俺にとってのコーチはヤコフしかいないんだ」、から明日のフリーだけ勇利のコーチになってくれ、とお願いしたのにもビックリ!!予告を観るかぎり本当にヴィクトルがいない状態で滑ることになりそうな。一体どうなるのか。てゆうか、もうあと4話くらい?! うそだろ・・・。


          
関連記事