TIGER&BUNNYの記事

MGFワイルドタイガー 写真続き

ちょっと遅くなりましたが、前にアップしたMGFワイルドタイガーの写真の
続きです。前回載せなかったグッドラックモードとフェイスオープン。


グッドラックモード、かなりの大きさ。大きいぶん重さもけっこうあります。


頭の上に乗せてみた。タイヤのような肘の部分でパーツ差し替えてるのが
わかりやすいかも。


「これ重いんだよな~」
ちょっと休憩してるおじさん。



フェイスオープンにしてみた。ヘッドの部分はそのまま使用。おじさんの顔を
つけて、パーツの一部も付け替え。


この写真で顔の感じがわかるかな。瞳はマーキングシールの”ア”。アイパッチも
マーキングシールを使用。しかし、どうにもアイパッチの位置が決まらない・・・。
眼に対して大きすぎるような?。全体的に瞳が見えにくい印象。アイパッチは塗装
するのがいちばんいいのかも。でもさすがに自分にはムリなので、とりあえずこれで。
また時間が出来たら何かやってみたい。

作り始めは楽しみでわくわく。途中からだんだん作業の細かさと多さに心が折れ出し
最後のほうはもうホント無心でひたすら組み立てた・・・。大変だったけど、でも
自分がプラモデルを作るなんて、思ってもいなかったことに挑戦できたのはとても
楽しかったな~。初心者だからと諦めずに、作ってみて良かった。

製作記と撮影記事に拍手ボタンを押してくださった方達へ。
どうもありがとうございました。とても嬉しかったです!。 m(__)m

MGFワイルドタイガー 撮影会~

完成したばかりのMGFワイルドタイガー。実際動かしてみると、かなり可動するので
つい楽しくなっていろいろなポーズをとらせて撮影してみました。手首も全種付け替え
てみた。プラモ自体の出来に関しては眼をつぶっていただく方向で、こんなポーズが
出来るよ~という部分のみお楽しみください。


やっと俺のヒーロースーツが出来あがったぜ!。ガッツポーズするおじさん。
ちょっとガニマタは基本。


走るおじさん。上体はわざと後ろにそり気味。こんな感じで走ってる場面あったよな。
ディスプレイスタンドがかなり活躍してくれます。


これは絶対やらないといけない!バニーちゃん挑発ポーズ!。
なんか全く別の、芸人のようなポーズにも見えてくる・・・。


「っしゃあこい!!しゃあ!!」。
ちょっと遊んでみた。

カッコイイ俺
「やっぱ俺ってカッコイイよな!バニーちゃん!」


すっかり疲れたおじさん。いろんなポーズで長時間の撮影にぐったり気味。
やっぱりおじさんはコミカルなポーズをとらせると断然似合うし面白い!。

この他にグッドラックモードなども撮影したのですが、また次の機会にアップします。
フェイスオープンの写真も撮ったけど、いまいちなので撮影し直したい感じ。


MGFワイルドタイガー 製作記4

MGFワイルドタイガーの製作もついに最終段階!。グッドラックモードの腕の組み立て。
いまだ残っているパーツを見て、こんなに使うのかとちょっとビックリ。腕のパーツを
そのまま巨大化させた感じ。どのくらい大きいかがわかるように、ちょっとマッチ棒と
比較してみた(笑)。制作途中なのであまり参考にはならないけど。



そしてこちらが完成したグッドラックモード!。上の写真よりも上面から撮影してます。
握った手が外装でほとんど隠れてるのがよくわかるかと。




最後に、本体へのロゴなどのシール貼り。緊張した~~。手がブルブルする~。もう
思い切って貼りつけました。いちばんヤバいと思った首周りの銀色のほそ~い縁取り
シール、意外にもヨレることなく収まった。かなり慎重に、ゆっくり貼りました。肩の
シールもけっこう難しい。位置を修正しようとして不用意に持ち上げたりすると、
白い部分に軽く跡が残る。ひー。冷や汗をかきつつ、何とか貼り終わった。ちなみに
ロゴはマーキングシールを使いました。デカールはどこにも使ってません。そして、
ついに、おじさん完成しました!。



全長約23cmくらい。腕の外装のせいか、かなり大きく感じる。写真のように自立
するけど、足底の面積はけっこう小さいので、このまま飾るのはキケン。付属の
ディスプレイスタンドできちっと支えられる。グッドラックモードを支えることも可能。
いや~ここまで長かった。ただ説明書通りに組んだだけで何の手もくわえてない
状態だけど、説明書を眺めて疑問に思ってた時間、シール貼りに手間取った時間
などなど、思いきり初心者な作業ぶりで長時間かかった。何にしても、全く初心者
でも何とか無事に出来あがって本当にホッとした・・・。とりあえず良かった・・・。
後ろ姿もカッコイイ。そして作りが細かい。




いちばん凝ってる部分かな?と思われる腕部分のアップ。組み立てに自信がない
ところなので、参考程度ということで。いろいろなポーズをつけて撮影してみたので、
その写真はまた後日アップします!。

MGFワイルドタイガー 製作記3

MGFワイルドタイガー、製作記も第3弾。だいぶ出来あがってきました!。
しかし予想外に時間かかってしまって。このままタラタラやってると、本当に
いつまでたっても終わらないぞ!と思い、作業ペースを上げた。もう無心で
ひたすらパーツを切り取る、カッターで余分な部分を削る、パーツを組む、
の繰り返し。こうしてようやくインナーフレームが出来あがりました。
アンダースーツを再現した作りになっていて外装で覆われてしまう部分まで
細かくデザインされてる。脚がものすごく細長い。腕の付根と脚の付根は
球体関節。かなり可動する。おじさんの頭のパーツはなく、再現出来るのは
スーツのヘッドか、フェイスオープンの状態のみなので、首までの写真です。




次にまとめて一気に手首を完成させることに。全部で4種の付け替えパーツ。
この手のシール貼りがいちばん大変だった・・・。小さなシールをひとつひとつ
ピンセットでつまんで曲がらないように置いて、位置を決めた後はつまようじを
使ってぴったり密着させる作業を延々と・・・。デコボコした面に貼り付けるのが
けっこう難しくて、かなり気を使いました。銀色の部分が全部シール。握り拳の
パーツはシール貼る位置を完全に間違えた orz もっとよく説明書の写真とか
見ればすぐに気がついたハズなのに。でももう直せる状態じゃないし、手の
内側の目立たないところだから、まぁいいか・・・。




さて、気を取り直してここからまさにワイルドタイガー本体の組み立て。
ヒーロースーツをバリバリ作るぞ~。脚と胸の外装を取り付けた後の、
作業途中の写真です。けっこうそれらしくなってきました。




外装を全部組み立て終わったところ。装着完了です。まだロゴが入ってないので
出荷前のような雰囲気。腕の部分にけっこう悩んだ。本当にこれで合ってるのかと。
腕の取りつけのために手首を外して、そのままになってる写真です。



なんだかあまり自信がないまま、箱の写真とか何回も見て、たぶんこれで
いいんだよな~?と思いつつ、もうここまできたら後はグッドラックモードの
手を作ってロゴなどのシールを貼って完成だー。やっと終わりが見えてきた!。

MGFワイルドタイガー 製作記2



MGFワイルドタイガー、製作記第2弾。わたし製作所でちまちま組み立て中です。
上の写真、写りが悪くてわかりにくいけど、パーツのごく一部です。もっともっと
たくさんあります。組み立て途中に撮影したので、すでに切り取られてる部分も
あります。

前回、顔と胴を作った後は腕の組み立てに入りました。可動部に組み込んでく
パーツがけっこう細かい。切った瞬間、勢いでどこかに飛んで行ってしまうような
小さくて軽いパーツもあるので要注意。実際一個遠くに飛ばしました(汗)。すぐに
見つかったけど。ランナーからニッパーでパーツを切り離した後、取りきれずに
残っている部分は刃先が小さいデザインカッターを持ってるので、それで丁寧に
切り落としてます。それでも取りきれなかったり傷が残ったりする。本格的に製作
するには組んでから目の細かい紙ヤスリで根気よく磨くという感じでしょうか。
組み上がった右腕、パーツを組んでいる途中の左腕を一緒に撮影してみました。
右のパーツを組みたてると左になる、という写真です。




腕が出来あがった後、手の製作という順番ですが、手はいろいろな形のものが
あって相当な数のシールを貼らないといけないので、後でまとめて作ることに。
次は脚の製作。付け根の球体関節から腿、膝の可動部、脛、と順番に組み立て。
左、右ともに各パーツが出来あがって、上からはめこんでくだけの状態になった
ところの写真。




足首から下も作って、脚は完成しました。脚先も脛も細長くてカッコイイ。
今作っているのはインナーフレーム(アンダースーツ状態)で、この上に白と緑の
タイガーの見慣れたヒーロースーツを装着していく感じです。これで腰の部分を
作れば、とりあえずインナーフレームは出来あがる!。といってもまだまだです。
シール貼りとかまだたくさんあるし、一気に作る時間も集中力もないだけに、
全て完成するまでにはしばらくかかりそう・・・。


TIGER&BUNNYのカテゴリー作りました

新しく、TIGER&BUNNYのカテゴリーをつくりました。

MGFワイルドタイガーの製作記事をこれから書き続ける予定だし、これをどこに
入れていいのかもわからないので、今更だけどカテゴリー分けしてみた。
今までアニメカテゴリーのなかに一緒に入れてた「TIGER&BUNNY」の感想を
抜き出して、TIGER&BUNNYカテゴリーとして全てひとつにまとめました。
PCの場合は左メニューのカテゴリーからどうぞ。

入れる位置には迷った末、マンガ原作ではなくゲームに近い位置に、さらに
和モノ(?)のなかに混ざらない場所にしてみた。

プラモ作り、がんばりたい。早く作りたい。あ~時間が足りないよ。

TIGER&BUNNY カテゴリー

MGFワイルドタイガー 製作記1

MG FIGURERISE 1/8 ワイルドタイガーMG FIGURERISE 1/8 ワイルドタイガー
(2012/06/23)
バンダイ

商品詳細を見る





MGFワイルドタイガー、今日から作り始めました。プラモデル作りなんて確か中学の
頃にガンプラを作って以来。公式でアップされたパーツの写真を見て、これはヤバい
んじゃないかと思ったけれど、やってみたら意外と何とかなるのでは?という楽観的
観測で購入することに。レビューなども確認したら説明書が丁寧で簡単に出来るという
意見が多くてひと安心。それでも箱を開けてまず、膨大なパーツの量に圧倒された。
タイガーの形すら全く見えてこない細かさ・・・。これで本当に自分で作れるのか?
一瞬心が折れたけど、説明書を見て生き返った!。これはわかりやすい。すごく丁寧。
前から見た図、横から見た図、間違いやすい向きなど丁寧に解説してある。これなら
初心者の人でも大丈夫じゃないかな。早速、ニッパーで切り離し作業から始まり~。

まずはいきなり顔作りからスタート。シールの貼り付けが最初の鬼門ではないかと。
水転写デカールはヤバい。ガンプラ作りの遠い記憶でも、ドールボディへの貼り付け
でも失敗した覚えが。でもデカールだけでなく、簡単なシールも同じものが用意され
ている。この配慮は本当に助かる。シールのほうをチョイスしてピンセットで貼り付け。
眼元の長いシールがちょっと難しい。ゆっくり剥がせばまた付け直せるので、納得
いくまでけっこうやり直してしまった(汗)。ピンセットとシールを密着させる綿棒はあった
ほうが絶対やりやすいし、キレイに出来ると思う。そんな感じで出来あがった顔と、
付属しているシール類の写真です。ちなみに眼はもっと簡単に、黒のラインと黄色の
眼を一緒に貼るものもある。でもここはやはり黄色の眼はちゃんと奥に貼ったほうが
見栄えはいい感じがするなぁ。おじさんの顔の瞳にも多数のバリエーションが用意
されてるのが下の写真でうっすらわかると思います。一番下のは瞳専用シール。
(7月1日追記・眼の周りの黒いシールの下側が、あきらかに外側にはみ出した位置に
貼りついてることに写真アップしてから気付きました・・・後で直そう・・・orz)

MGFタイガー 顔



次に胴体部分の製作。パーツ同士がキレイにぴったり合わさることに感動~。
接着剤は使わず、ただはめこむだけでこんなにきっちり出来るなんて本当に
すごいな。球体関節のボディを自分で作れるのがすごく楽しいし嬉しい。
胴体の各パーツを組み立てたところで撮影してみた。これを組んで胴は完成。
左上から首、胸、胴の前、胴の後ろ。



ここまで作るだけでトータル3時間以上かかった・・・。シール貼りにかなり時間
とられたな~。慣れてないせいもあって説明書をじっくり確認しながらだし。でも、
これで少しは慣れたと思うので、ここからはもう少しスムーズに進めるのでは
ないかと。またある程度出来あがったら、次の製作記をアップします~。


TIGER&BUNNY 第25話 最終回

やっとついに一週間遅れで最終回。ヒーロ―たちの前にマーべリックとロトワング、
さらに大量生産されたたくさんのH01が。バトルシーンがアツい。折紙さんもめちゃ
戦ってる。カッコイイ!。アンドロイドにはファイヤーエンブレムの炎もブルーローズの
氷も効かない。追いつめられるヒーロー。マーべリック、どこまでも悪。H01の銃口が
一斉にむけられ。虎徹の名を呼び、覚悟するバーナビーがいい。でも、急に止まった。
セーフティーモードがギリギリで起動。やったぜ斎藤さん。ロックバイソン、階段に
思いきり突っ込んだ。像の眼のところからロトワングが落とされる映像とか、いろいろ
スゴイ。マーべリックしぶとい。まだH01を動かそうと制御室に。ヒーローたちに勢揃い
されても余裕。しかし、ここで驚きのアニエスさん登場!。しかもTVカメラ付き。ずっと
演技してたんですか。「カメラ目線もらえます?」に笑った。これでもまだ観念しない
マーべリック。楓を人質に。

後ろからゆらりと立ち上がった影にビックリした。いや、あのまま終わるとはもちろん
思ってなかったけど、この出方がものすごくおじさんらしい。マーべリックを思いきり
一発殴った後で、一言とか。みんなあっけにとられてる。楓と一緒におじさんに抱きつく
バニーちゃん、かわいいなぁ。折紙さんの手裏剣、文字出るとこがカッコイイ。みんなを
前にしてマーべリック最後の演説。自分で自分の記憶を消したのか?。楓が「おとうさん
カッコ良かったよ」って言ってくれた。おじさん良かった。ベンさんと斎藤さんも現場に
到着。バーナビーに渡されたセーフティーモードのパスワードの意味は。結局、事件の
真相、ウロボロスの真相はつかめぬまま。おじさん・・・本当に引退しちゃうのかよ。
「だったら僕もやめます」と、バーナビーまで。寂しそうな瞳。夜空に浮かぶ赤い月。
護送されるマーべリックの前にルナティックが!。手の動きカッコイイな〜。虎徹と
バーナビーはルナティックの本当の正体も知らぬまま。

一年後。街はクリスマス。それぞれの時を過ごす変わらぬヒーローたちの姿。ジョンを
連れて走るスカイハイ。ワンピースを着たホアンかわいい。エドワードに面会に来てる
折紙さん。バイソンとエンブレムは一緒に飲んでる。ブルーローズが立ち読みしてる
本のタイトル笑える。コールがきた。6人でHERO TV。ファイヤーエンブレムの車の
デザイン、今更だけどいかにもアメコミっぽくて凄い。ひとり雪の中、両親の墓参りに
きたバーナビー。数字の意味が・・・。ずっと護ってあげるの言葉通りに、本当に
護られた。泣ける・・・。中継が二部リーグのヒーローたちを映す。おっおじさん?!。
いつの間にか復帰してる!。1minute HEROか。おじさんらしい。その姿をテレビで
見るユーリもどこか満足そう。楓も見てました。おじさんが見切れキャラになってるよ。
ベンさんが会社に来た。斎藤ちゃん、て(笑)。すっかり仲良くなってる。お客さん誰だ。
犯人を追いつめるおじさん。でも足元のガラスの天井が割れたー!。おじさん、落ちる。
こっこのパターンは?!!。バニーちゃん!!!。お姫様抱っこ再び。虎徹のセリフ
カッコイイ!!。「僕も戻るしかないですね。だって僕はあなたの相棒ですから」。
バーナビーのセリフも良すぎる。「行きますよ。おじさん」。久しぶりに聴けた言葉。
でも最初の頃とまるで違う口調。「そうだな、バニーちゃん」。マジでシビれる。
ふたりとも最高!!カッコイイ!!。

EDのヒーローたちの活躍を振り返る映像も良かった。そして、街かどのスタンドで
タイガーのカードを買う少年。風に飛ばされたお札が水溜りに落ちて、浮かびあがる
ウロボロスのマーク!。このひっぱるラスト!。大人気の状況から二期はあるだろうと
思ってた。本当に実現するらしい。嬉しいな〜。その後のUSA、TORAコーナーでの
次々飛び出す懐かしいセリフにまたひたってしまった。タイバニ最高!!。

TIGER&BUNNY 第24話

間違いじゃありません。まだ24話です・・・。もう最終回が放送されたというのに。
おじさんの「いくぞ」がめさカッコイイ。まだ能力発動できる時間ではない。この
ままでH01と戦うことに。出した銃の威力がパない。まるで歯が立たないふたり。
斎藤さんもがんばれ!。偉い人たちの円卓会議。この街を仕切ってるのは完全に
HERO TV。髪下ろしてるユーリもアンニュイでいいなぁ。黒幕か。あの時点で何か
起きてることにハッキリ気付いてた。しかもH01に肩撃たれてたのか。マ−ベリック
テロの鎮圧、だと?!。ユーリはマーべリックが真の黒幕だとすでに気付いてるのか。
おじさんの走り方が相変わらずいい。バイソン早まるな。スカイハイのこうゆう所も
好きだ。H01と武器装備のハンデがあり過ぎる。スピードもパワーもまるで違う。
フラつきながらも何とか立ち上がる虎徹とバーナビー。いや待てってバイソン。

能力戻った!。でも・・・。マーべリックは全員戦死として処理すると。ここでようやく
グッドラックきたー!!。これ観るのすごく久しぶり。やっぱりカッコイイ!。でも、
これでも効かないなんて。叩きのめされてゆく、ふたりとも。ブルーローズの「決めた」
はもちろん信じること。ホアンかわいい。みんなの心が再びひとつに。バイソンいいな〜。
ここで楓もやっと動いた。おじさんH01を後ろから捕まえた。そのまま銃で撃てって。
当たる直前によけると。そ、そんな・・・もうすでに悪い予感。でも、でも撃つしかない。
うあーーーっ。大爆発。タワーの下では、誰も何も知らず平和な街。やったのか。ついに
倒したのか。楓はブルーローズの能力発動して大活躍。みんなの爆弾も外れた。みんな
次々とドアを破って出てくる。折紙さんもカッコイイ。ふたりの元へ急ぐ。

おじさん??!。バーナビーに助け起こされた体はもうぐったりしてる・・・能力切れが
こんなところで関係して、こんな形で知られるなんて。いやだよ。おじさん・・・。
虎徹のセリフもバーナビーのセリフもすごく良くて泣ける。さすがに涙でた・・・。
みんなも楓も、無事に戻って来たというのに。こんな形で終わらないよね。信じてる。

TIGER&BUNNY 第23話

このまま本当に最後まで一週遅れ状態で見届けそう。ふたりが激突してタイガーの
スーツの腕が砕けた。もう互いに全力で戦うしかないのか。バーナビーのメットが
落ちて素顔が。虎徹もバイザーを上げた。手を上げてゆっくり近づき、何をするのかと
思ったら、叩いた時のことを思い出して、もう一度叩いた!。眼を見開くバーナビー。
思い出したのか?!。いや、これでもダメかー。あ〜。しかしそれにしても、いい表情
するな〜。パンチ繰り出すとこジョジョみたいになってる。おじさんと共に、思い出
振り返りモード。最初はおじさんを冷たくあしらってたバーナビーの表情が、どんどん
柔らかくなって、心を開いてくのを実感。おじさんの涙、せつない・・・。泣ける。
最高のコンビだった。まさに。バーナビーグッドラックモ−ド!。もうここまでなのか。
バニーちゃん・・・。あれ?何も起きてないぞ。「僕はバニーじゃありません」。えっ?。
かっかわいいっ!!!。まさかこんな形で思い出すとはーーっ。バニーちゃんが元に
戻ってホント良かったよ。マーべリック、メットから全部見てたのか。

その場に駆けつけたのはベンさんだった。さらに斎藤さんも!。心強い助け。斎藤さんが
いればだいたい何とかなりそうな気がする。拡声器付きのヘルメットが面白い。しかし
こんなに活躍してくれるとは意外だ。ブルーローズ、ではなくマーべリックから連絡が。
すっかり悪人顔です。ジャスティスタワーに来いと。頂上にそびえる正義の女神の裁きは
如何に。虎徹の肩にちっちゃい虫型カメラ。斎藤さんはホント楽しい。虎徹とバーナビーを
待っていたのはニセタイガー。その正体はロボット。この研究者、後で絶対関わってくると
思ってた。うまいシナリオだ。場面ごとに劇伴の選曲が絶妙すぎる。おっと、せっかくの
潜入カメラ、あっさりおじさんに踏まれて大破。NEXTに変わるヒーローがアンドロイドだと?。
楓も捕まってる。子供の頃の自分を思い出すバーナビーの回想が良い。他のヒーローたち
みんな別々の部屋に捕らわれている。みんなメットとって素顔だ。折紙さんカッコイイ!!。
作画気合い入ってるな〜。スカイハイもカッコイイ!。てかみんなカッコイイぜ。
虎徹とバーナビー、そして他のヒーローたちもみな危機的状況。ここからどんな胸のすく
活躍をみせてくれるのか。期待大。バニーちゃん、平熱低いね。

森田さんがメイン役を演じるという理由で、このアニメを軽い気持ちで見始めた私としては
ここまでの面白さは正直予想外でした。こんなに毎週夢中で見ることになるとは思わなかった。
そしてバーナビーがここまでいい役だとは!。本当に嬉しい。もう叫び声とかせつない声とか
クール声とかバカにしてる声とか全部最高です。一護の声をトータルもの凄い長時間聴き
続けてるから耳がその声に慣れてることもあると思うけど、バーナビーの声がとにかく
新鮮に響く。もちろん平田さんのカッコイイ声も最高です!。
ホント毎回楽しみでたまらない。もう終わりが近いなんて・・・早すぎる・・・。