エーデルブルーメの記事

エーデルブルーメ特典CD感想

エーデルブルーメ特典ドラマCD 感想(完全ネタバレです)

予約特典「事件前夜」 収録時間約29分

ジェラルドのモノローグからはじまります。ジェラルドの城を訪ねてきたのは
バラージュだった。ゲームではみられないふたりのヴァンパイアの会話を聴くこと
ができる。「そなたはまだ若い」というジェラルドのセリフから、彼のほうが
長い時を生きているらしい。といってもヴァンパイアの正確な年齢を気にするのは
ナンセンスかも。そしてやはりゲームには無いヴィクトルとオーギュストの会話。
そこにリチャードも加わって三人で話してる感じは新鮮。ここでもゲームに
出てこない事柄が語られてます。でも、これらのことは聴きようによってはゲーム
と多少食い違ってるように思える部分もある。ゲーム自体が謎のままなので、この
CDも内容を気にするよりもイメージを楽しんだほうがいいのかも。
夜の闇を暗躍するコンラッドさんはカッコイイです。その後のモノローグもとても
彼らしい。あの白い法衣が特別なものだということはよくわかりました。
全体的な流れは良い感じだし、声優さん達の声の共演はやはり素晴らしいです。

限定版同梱「エーデルブルーメ学園」 収録時間約24分

コールはヴィクトルで、全体的にヴィクトルが主役っぽい感じです。
これはタイトル通りの学園もので、スゴイパラレル。戸惑うくらいパラレル・・。
でも途中からは笑ってました。同級生のヴィクトルに転校生のバラージュ。
コンラッドが風紀委員長って似合いすぎる。白の学ラン姿、思わず想像しちゃいます。
オーギュストはゲームと同じく先生。リチャードは理事長の息子(笑)ここでも
ヘタレっぷりを発揮してます。谷山さんがすごくいい。ジェラルドは生徒会長でした。
それぞれに、いかにもそのキャラらしいセリフや場面があって笑える。
バラージュの諏訪部さん面白すぎる。ジェラルドの小西さんもいい味出してます。
みなさん楽しいです。パラリランていう魔法少女みたいな効果音にもウケた。

「キャストインタビュー」 収録時間約14分
ドラマに続いて、インタビューも収録されてました。あると思ってなかったので
嬉しかった。攻略キャラを演じた6人全員がひとりづつ、自分が演じた役について
コメントしてくれています。皆さんの話し、どれもとても興味深かった。
普通に話してる声を初めて聴いた方もいたので余計に嬉しかったです。

店舗特典「バンド結成」 収録時間約14分

コールはリチャード。リチャードの提案でバンドを組むことになったバラージュ、
コンラッド、ヴィクトル。この4人の組み合わせというのがすでに面白い。
最初にリーダーを決めようとするも、すんなり決まるわけもなく。投票で窮地に
たたされるヴィクトルが面白かった。コンラッドとのやりとりに笑いました。
そしてリチャードはやっぱりいつもこうゆう役なんだ。担当楽器を決めるクジ引きの
バラージュのセリフが良かった。それに皆が納得するのも。それぞれの担当楽器
合ってると思います。想像するとスゴイ絵が浮かぶけど・・。これでロックは
ムリだよね。ムリだと思う。ドラムのヴィクトルとギターのバラージュはいいとして、
ヴォーカルがコンラッドでリチャードはトライアングル・・って何ですかそれ(笑)
面白かったので3回くらい聴いちゃいました。

エーデルブルーメ 感想

エーデルブルーメ、プレイし終えた率直な感想です。
物語の謎を知ろうと、20週近くプレイした。でも・・謎はまったくとけていません。
自分が何か操作を間違ったのか?とも思ったけど、どうも本当に謎が解明される
部分は無いみたいで・・。周回を重ねてもわからないことばかりなので、
フルコンプ後に新しいルートが開けるのかと思ってました。でもまったく同じだった。
想像の余地を残すような不思議な部分があるのはいいと思う。でもさすがにここ
まで謎が多くて話しがつながっていないと、どう捉えればいいのか悩みます。
とにかく全体的にストーリーがかなりわかりにくいです。自分のアタマの中で
いろいろなイベントを繋げて考えて、みたいな状態。結局アルトメイデンと主人公
とジェラルドとバラージュってどうゆう関係なんだろう。個人で自由に想像して、
とゆうことなのでしょうか。他にも伏線みたいな謎がたくさん残ったまま。
人物関係や経緯など説明がきちんとあれば納得できたのに残念です。
シナリオがかなり短いのも気になる。

ただ個人的にジェラルドとコンラッドは良かったと思います。2人のルートは
他と比べて不自然さが少なく、話しもとりあえずまとまってる。(長いEDのほう)
ジェラルドのベストEDはとても好き。前の感想にも書いたようにヴァンパイア
自体が好きだし。特別思いいれがある。コンラッドは他キャラと違って解決してる
部分があるし、これからはじまるという雰囲気も自然な感じがした。
異端審問官であり魔物を狩る教会の騎士という設定も魅力的でした。

主題歌は素晴らしいです。そして薄葉カゲローさんのグラフィックも本当に
美しくてずっとみていたい気分になります。私はウィル・オ・ウィスプが大好きだし
ヴァンパイアものが大好きなので、このゲームには発売前からとても期待してました。
シナリオがもっと深くて、全員のキャラがちゃんと描かれてて、謎がきちんと
解き明かされていたら、満足度はまったく変わっていたと思う。

いろいろと辛口なことも書いてしまいましたが、私はやっぱり薄葉カゲローさんの
絵が大好きなので限定版を買ったこと自体は後悔してないです。
自分が選択したことだし。
シナリオ次第でもっと良い作品になったのではと思うとホント残念です・・。

エーデルブルーメ ジェラルドED

リチャード、バラージュ、そしてジェラルドのベストEDをみることができました。
まずはジェラルド様の感想から先に。
前回はみれなかったイベントをみることができて、あらためてジェラルド様は
本当に優しくて高貴で高潔な貴族だと思いました。そしてとても純粋な方。
人よりもずっと。すすめているうちにどんどん好きになってしまいます。
終章は美しいスチルに感激しました。本当にステキです。夢見心地になります。
最後にどうなってしまうのかと心配したけど、そんな心配は無用でした。
あまりにけなげなレルムに涙がでそうになった。
そして私もメアリとまったく同じ気持ち。あなたの望むままに・・。
人の世ではありえない永遠。だからこそ甘美な響きをもつもの。
共に永遠の時を。それを望んでくれるなら。高貴なる貴族のヴァンパイア
の黒いマントに包まれて現世から遠く離れ、遠い世界へ・・。
これ以上憧れる夢はありえないかもしれない・・。
それくらい気高く美しいヴァンパイアが好きです。ジェラルド様素晴らしいです。
スチルコンプもできました。

リチャードのルートはこの中でもいちばん明るくて平和的かもしれない。
無邪気な明るさに救われる。最初はどうかな?と思ってたのに、とてもいいキャラ
でした。なんたって谷山さんだし!終章では嬉しい再会が。さらにあの人達まで。
ビックリです。ホントいちばん平和なEDだと思う。スチルは3枚みれなくて
落としたイベントの内容が気になる。また回収に向かわないと。
ちなみに余談ですが、自警団のレオ、ちょっと気に入ってます。服装に
薄葉カゲローさんのセンスを感じます。なんかカッコ良く見えてしまって。
かなり悪人なんですけどね・・。

バラージュはいちおうEDはできましたが、謎は解明されず、むしろさらに深まった
ような気もします。これがベストEDなのかどうかも不明。スチルも半分程度しか
みれてない。もう1度選択を変えてトライしてみたけど、全く同じ結果でした。
彼にはジェラルドが関係してると思うので、ジェラルドがコンプできたことで
もしかしたら次の周回で別展開が出てくるかもしれない。

できる限り自分でフルコンプ目指そうと思ってます。選択自体がそれほど多い
わけでもないので、かえって予想がつかない部分もあるけど。
出会う機会の多いコンラッドのところに、ついフラフラっと行きそうになるのを
こらえつつ(笑)GW終了までに制覇できたらいいんだけどなぁ。

エーデルブルーメ コンラッドED

エーデルブルーメ、またもコンラッド攻略しちゃいました。
今度はちゃんと最初からスチルありのイベントを見れて、これがトゥルーEDと
思えるものが見れました。話しにも決着がついていて、EDはかなり良かったです!
コンラッド、ステキです。クールビューティーな彼だけど親しくなるうちに無邪気
な笑顔を見せてくれたり。もうしっかりその場面セーブしてしまった。
いつも冷静で落ち着いてて頼りになる人です。

最初の攻略は自分のミスで失敗したみたいで、ちゃんと選択していれば好感度を
あげられるイベント、そしてこのEDが問題なくみれていたのではないかと思う。
でも逆に考えたら、失敗したからあのちょっとドキリなEDスチルが見れたわけで
それはそれで良かったのかも。これで出てないスチルは1枚だけになりました。
これは他ルートで出てくるか、それとも?スチルはどれも美しくてうっとりします。
ジェラルド様とはまた違う高貴な美しさ。

そして次にオーギュストを攻略しました。ここでも最初のほうのある選択を
間違うとイベント見れない?また戻ったりした。オーギュストは最初の印象と
まったく変わりました。優しいメガネに騙されてはいけない。もしかしたら彼の
ルートがいちばんダークでホラーかも。EDも・・・。かなりコワイです。
このシナリオは勇気がある。普通だったらまずこんな展開はないはず。
一筋縄ではいかないゲーム。確かにウィル―よりも重い雰囲気が漂ってる。
このルートでまた新しいことがわかった。たぶんバラージュを攻略すると
ある程度の謎が解けてくる部分があるのではないかと思う。

だいぶこのゲームの様子がつかめてきた感じがします。最初はかなり戸惑って
しまったけれど。雰囲気というか、コツというか、それがわかってきた気がする。
短時間でクリアできるのでリチャードとバラージュのEDも明日にはみれるかなぁ。
また感想書きます。

エーデルブルーメ 3週終了

エーデルブルーメ、3週しました。
ジェラルド、コンラッド、ヴィクトルのEDをみた。
といってもこのゲームは予想してた以上にわからないです・・・。
最初にみたジェラルドのEDは4章から終章があまりにあっけなく唐突で、これED?
でもムービー流れてるんだからEDに間違いないよな・・という感じで。
EDリストがないということはEDはひとつだけだと思うのだけど(28日追記 EDひと
つではありませんでした!)終章は意味がわからない状態。1週目は物語の
プロローグのような感じなのかな?と思いコンラッドねらいで2週目。
1章冒頭から違います。ところどころシナリオが変わってきてるけど、新しい選択
が出た部分は記憶が確かなら1箇所だけ。そしてまたもかなり唐突な感じで終章。
こちらも最後がどうゆう状況なのか想像はできてもよくわからない。
2人とも好感度は3分の2ほどしかあげられず、スチルも半分程度しか見られなかった。
(28日追記 詳細わかりませんが好感度が低いとこのあっけないEDになるようです)

次にヴィクトル。ほぼ1時間でクリアしてしまいました。基本的なシナリオは同じ
部分が多いし、個別のシナリオは少なくそれほど長くもないので、既読スキップを
多用すればあっという間にEDできる感じ。そしてこのキャラの謎もわからずじまい。

普通に乙女ゲーという感覚でプレイするとちょっと面食らう部分があるかも。
何周もしていろいろな選択をしてEDをみて、この物語の謎を知り全貌を知ることが
目的のような。それにしても正直、シナリオの短さは気になります。
大筋の謎は徐々にわかってくるという感じでもいいと思うけど。
ストーリー自体も夢と現実が交互に出てくるような部分があり、わかりにくいです。
4週目でまたシナリオが変化してくると思うけど。本当にかなり不思議なゲームに
なってる印象が強い。今書いてることも何週かしたら全然変わってくるかもしれない。

ただ3人のキャラはみんないい感じでした。ジェラルド様の「まいれ」が大好き。
漆黒の髪に美しく紅くひかる瞳に白い肌、色のない唇。自分だったら彼の申し出
には何の迷いもなく応える。側にいたいと素直に思わせてくれる方です。
コンラッドもとてもステキでした。闘う姿がホントカッコイイです。ただ見てない
スチルが多いので、あまりコメントできない。終章はちょっとビックリ・・。
ヴィクトルも良い感じでした。カッコイイ。ただシナリオが短いのが残念。
こちらもラストの流れには驚きました。

恐らく何度もプレイしてもらうために短いシナリオになっているのでしょうが、
ちょっと削りすぎな感じがします・・。まだ物語の中に入っていけてない感じ。
でもこれも個人で受け取り方はだいぶ違うと思うけれど。
とにかく全貌を知りたいので、早く全員のEDみようと思ってます。
もしや、それからがはじまり??おそらく1人2回は攻略しないとコンプは
できないのではないかと。
なんか、今の段階で何をどう書いたらいいのかホントよくわからないです。
いろいろ推測しているだけで。またすすんだら感想書きます。

シナリオの謎加減はともかく、薄葉カゲローさんのスチルはホント美しいです!!

エーデルブルーメ プレイ開始

エーデルブルーメ限定版購入しました。パケデザインとてもキレイです。

どきどきしながら早速プレイ開始。手記のような場面からはじまります。
OPがない??と思っていたら、数人の人物と出会った後にOPが。
とにかく主題歌が素晴らしい!乙女ゲーのOP曲とは思えない。
ウィル・オ・ウィスプと同じく、love solfegeさんです。イタリア歌曲とサイトに
説明があったのでこれはイタリア語?とても美しい曲です。
映像もキレイで、期待感を抱かせるOP。

最初はやはりジェラルドのEDを見ないと!この物語がみえてこない気がするし。
ジェラルドルートを目指してます。現在3章の途中まできたところ。
最初は「?」という感じでしたが、しだいに不思議な雰囲気の物語に惹きこまれ
てゆく感じ。主人公は修道女ですが、ごく普通の少女という印象です。今のところは。
あまり書くとネタバレになってしまうので控えますが、知り合って親しくなって
恋愛EDを目指すという普通の乙女ゲーとは違う独特の雰囲気があります。
この物語そのもの、世界観、グラフィックなど含めて楽しむゲームという印象が強い。

薄葉カゲローさんのグラフィックはやはり非常に美しいです。
立ち絵もキレイで、アップになると思わず身を乗り出してみてしまう。
スチルも見惚れるような美麗なものが多いです。髪や睫毛の繊細な表現に目を
奪われる。ちなみに口は動きません。セリフに合わせて口が動かないと嫌だと
いう人も多いと思うのですが、立ち絵がとてもキレイなので、絵を落ち着いて
じっくり見れて、私はむしろ口元がぱくぱく動かないほうがいいと思いました。
薄葉さんの絵が好きだから余計こう感じるのだろうけど。

貴族のジェラルド様は静かで落ち着いていて威厳があります。ちょっとかわいらしい
ところもあるかな。貴族のヴァンパイアってまさにそうゆう感じなんだろうな
と思う一文があってちょっと感激しました。小西克幸さんのヴァンパイア声
ステキです。コンラッドは予想どおりというか、予想以上に美しい人です。
雑誌などでも紹介されてますが、闘う場面がカッコイイ!水島大宙さんのボイスも
とてもいいです。リチャードの谷山紀章さん、美声がたっぷり聴けて嬉しい。
明るく芝居がかったリチャードのセリフ、谷山さんならではって感じ。サ行の発音が
何度聴いても魅力的。ヴィクトルは想像以上にシブイ感じの大人イメージでした。
安元洋貴さん、ワイルドです。でも優しい彼です。オーギュストはとても穏やか。
メガネのフレームを触るポーズに釘付け。メガネ好きですとも。細谷佳正さんの
ボイスも穏やかでとても優しい雰囲気です。バラージュはまだいち場面しか
見てないのですが、諏訪部順一さん、ハードワイルド全開!本領発揮とでも言う
べきか、カッコ良くてシビレました。○LEACHの○リムジョーが好きな人なら
きっとバラージュも気に入ると思う。使い魔のレルムはかわいいだけじゃない。
無邪気な残酷さももっています。彼から見れば人間よりも貴族のほうがずっと格上。
各キャラの現在の印象を書きましたが、これがどう変わってゆくか・・。

基本的なシステムはウィル・オ・ウィスプとほぼ同じです。好感度画面や
クイックセーブ、ロードなど。履歴システム(巻き戻し機能)や選んだ選択肢の
色が変わるのも同じ。アルバムがCG鑑賞とムービー鑑賞だけなのも同じです。

とりあえずジェラルド様のEDに無事たどりつけるよう選択、選択。
ヘタしたらノーマルEDになりそうな危険も感じますが・・。
EDできたらキャラごとにまた感想を書きたいと思います。
ヴァンパイアワールドに更にどっぷりつかることができてスゴク嬉しい。
気高く美しく誇り高い「貴族」が大好き。

(新しくエーデルブルーメのカテゴリーつくりました。今まで書いた記事も全て
ここにあります。)

エーデルブルーメ公式サイト

エーデルブルーメの発売まであと1ヶ月ほどになった。早いなぁ。
まだまだ先だと思ってたのに。
公式サイトもかなり情報でそろってきた感じで、待ちわびてた店舗特典も公開
された。どれも面白そうで迷う。キルヒリッターってタイトルはどうゆう
意味なんだろう。ジェラルドとレルム、2人だけの会話も気になるし、バンドは
なんだか笑えそう。ソムリエもある意味笑えるかも。

人物相関図も公開されてるけど、こうやって表示されるとかなりわかりやすい。
好意の矢印が気になる・・・多いな(笑)
脇キャラもかなり出てますが、どんな感じで物語にからんでくるのか。

やっぱり最初はジェラルドを攻略して、次はコンラッドかな。重要人物っぽいし。
でもヴィクトルもほっておけないなぁ・・と今からいろいろ考えてます。
ゴシックホラーってどんな雰囲気なのだろう。ホラーものが好きなわけでは
ないけど、ゴシックは大好き。ヴァンパイアも大好き。
自分的にかなりストライクな世界。
ジェラルドはヴァンパイアのお約束、黒髪に紅い瞳。レルムも紅い瞳!
紅い瞳を愛する会(いつのまに?)としては嬉しいかぎり。

パケのデザインも公開されてますが、限定版はGirl's Style 3/27号に掲載されてた
イラストですね。コンラッドが光るナイフを手にしているように見えるのが意味深。
通常版もステキだ。
薄葉カゲロー様のグラフィック、OPムービー、etc・・・
発売が非常に楽しみなゲームです。

エーデルブルーメPV公開

エーデルブルーメの公式サイトでプロモーションムービーが公開されています。
期待に胸躍らせつつ早速見てみました。トップの「動画」をクリックしたら
もういきなりダウンロードはじまったのでちょっとビックリした。
かなり重いです。取り込みつつ再生はムリだったので停止にして待つこと数分。
やっと見れました。その分、画像サイズも大きめで画質も音質もかなりハイクオリティ。
とにかく主題歌が素晴らしい!。歌曲と説明されてたのである程度予想はしてたけど
ゲーム音楽の範疇超えてます。華麗で荘厳で神秘的。
このゲームの世界観をより盛り上げてる感じ。なんか圧倒されました。

映像は各キャラの紹介のなかでセリフが一言づつ聴けます。
ジェラルドの声聴いちゃったよ〜。ますます期待が高まる。
そしてシステムの、主人公の輪廻?というのもかなり気になる要素。
繰り返しプレイでどう変化してゆくのか・・・。

もう言うまでもない感じですが、薄葉カゲロー様のグラフィック、美麗です。
どうしてこんなに美しく表現できるんだろう。まさに耽美。
いろいろとこだわりをもって制作されているようで、本気で楽しみにしてます。
発売日が待ち遠しい。

エーデルブルーメキャスト発表

エーデルブルーメの公式サイトにキャラ6名のキャストが掲載されました!。

ジェラルド  小西克幸さん
コンラッド  水島大宙さん
ヴィクトル  安元洋貴さん
オーギュスト 細谷佳正さん
リチャード  谷山紀章さん
バラージュ  諏訪部順一さん

ジェラルドが小西さんとは予想外でした。どんなヴァンパイア声を聴かせて
くれるのかとても楽しみです。コンラッドが水島さんというのもまったく
予想してなかった。なんか新鮮な感じがする。ヴィクトルは安元さんですか!。
プリナイのドラクレア伯爵ですね〜。
細谷さんについては知識がなくて、どうゆうキャラを演じてる方か
ちょっとよくわからないのですが。
そしてリチャードは谷山さん!。谷山さんが出るのスゴク嬉しいです。
実はウィル・オ・ウィスプの感想を送ったときに、次回作は谷山さんに出て欲しい
との希望も書いたので、それがホントに実現して嬉しすぎ。
バラージュが諏訪部さんというのはイメージにピッタリな感じします。

こんな早くキャスト発表されると思ってなかったのでちょっと驚きました。
興奮気味。エーデルブルーメは情報出るの早いなぁ。
でももう1月なんだから別に早いわけではないのか?。
いつもこれくらいのタイミングでしたっけ・・・もうわからなくなってる。

限定版と予約特典の情報も出てます。ウィル・オ・ウィスプの時と基本的に
同じ感じみたい。コミカルドラマCDと設定資料集。予約特典がシリアスドラマCD。
ディスクの画像もでてます。
今日サイトチェックして良かった・・・。

エーデルブルーメ新キャラ

エーデルブルーメの公式サイト、新キャラ3名が追加されてます。
更新されたのはもう去年のことだけど。
ダニエラはシスターと思えないくらいちょっと色っぽくみえる。
使い魔のレルム、かわいい!。今からこのコがどんな声で話して
どんな活躍してくれるのかとても楽しみ。ちっちゃくても魅力的な紅い瞳。
そしてイリヤもかなり気になる女の子キャラ。衣装デザインがやっぱりステキ。
色の統一感とか、センスの良さを感じます。

ギャラリーページでスチルも何枚か公開されてますが、ヴィクトルのいかにも
ワルっぽい目つきがたまらない。
今のところジェラルドの次に好きなキャラは彼です。ワイルド系に弱いらしい(笑)。
コンラッドもいいけど。冷たい氷の美しさ。クールでストイックというのもかなり好み。
メガネ好きとしてはオーギュストもはずせない。しかも黒ブチだし。おまけに短髪だし。
バラージュは「Girls Style」に掲載されてたラフ画がカッコよかった。
リチャードはよくいえば明るい王子様系なんだろうか?。
実は・・・みたいな部分があるのかないのか。
まだわからないなりに、いろいろ想像してる段階も楽しい。

発売予定日は4月24日?みたいです。